2015年1月24日土曜日

ネパールの生活と野良犬

ネパールの野良犬は飼い犬なのか野良犬なのかよくわからない。

野良だけどみんながご飯をあげたりするので、結局地域全体で育てているようにも見えます。


子供たちは朝残りのご飯を犬にあげているのをよく見るし、大人もたくさんありすぎて残ったお肉の骨や牛乳など、よくあげてます。

飼い犬にすると責任は飼い主さんにあるのだけれど、野良犬は自由もありつつ、保障はないけどこうしてご飯を食べることもできてます。



地域で育てているこの微妙なバランス。
すごいですね。


2015年1月20日火曜日

NSD2 パピー


NSD 2
名前: パピー(Puppy: 英語で子犬)
年齢: 7-8歳
性別 雌

特徴: おすわりの仕方がちょっと歪む。
愛嬌が良い。
元飼い犬。1年もたたないうちに捨てられてしまい、野良犬歴7年くらい。

名前はパピーで、愛嬌の良さでみんなにかわいがられています。
英語で子犬という意味ですが、大きくなってこの辺の犬の多数を産み育てた、ベテラン母さん。
お母さんになっても愛嬌の良さは随一。

なので食べ物には困ってないけど、ビスケットが嫌いな珍しい野良犬。

前と活動範囲が変わってしまったけど、私たちの姿を見つけるとあちらから一生懸命尻尾をふって、走ってきてくれます。

彼女が来ると必ず子供たちもやってきて、
「僕らのパピーだよ!」と取り合いになるくらい、人気者。

2015年1月19日月曜日

NSD 1 長老

今日から始めるNepal Street Dog Program。

ネパールの道でであった野良犬を1匹ずつ紹介します。


NSD 1
ニックネーム: 長老
年齢: 推定14-15歳(かなり高齢です!)
性別: 雄

特徴: 
この一帯ではかなりの強面。
高齢で体がだいぶ弱ってきていますが、なんと一帯の犬の誰よりも強い力をもっています。
今もこの犬に勝てる犬はいない・・・らしい・・・。今でも若い犬たちは彼が来るとあとずさり。

最近はめっきり寝ることに終始していますが、ときどきむくっと起きると、周りの若い犬たちがざわざわしてます。



2015年1月16日金曜日

2015年1月13日火曜日

犬猿の仲

シヴァ神をまつる、パシュパティナート寺院。
その上に、伝説にも残っている場所があります。

シヴァとその妻プラバティの恋の遊び場と言われるこの場所。

今はみんなが座っておしゃべりを楽しんだり、犬やサルの遊び場になっています。

こうしたシヴァを祀る寺院がたーくさんあって、伝説に残る場所だけあって、本当に雰囲気がよい静かな場所です。




サルと犬がおいかけっこ。

サルが上にあがっちゃうと、犬は何もできませーん。

犬猿の仲とはいうけれど、お互い楽しんでいるようにも見えるのでした。


2015年1月12日月曜日